1.「音」と「音楽」に特化した事業展開

 当社は、プロからアマチュアまでの幅広い顧客層を対象に開発した音楽用電子機器を、約130カ国のマーケットで販売するグローバル企業です。日本の本社は商品開発とマーケティングに特化し、海外での販売は当社グループ企業や販売代理店を通じて行っています。また、生産は海外のEMS企業※に委託するファブレス体制を敷いています。
 当社商品のターゲット市場は、楽器を演奏するミュージシャンや音楽を制作するアーティストはもちろんのこと、カメラマンやジャーナリスト、ユーチューバーやポッドキャスター、放送や映画業界のコンテンツ・クリエーターなど、幅広い分野に及びます。それぞれの市場はグローバルで巨大ですが、各市場の一部には「良い音」にこだわるニッチなユーザーが存在します。このようなグローバル・ニッチ市場の規模は、当社が事業を展開するには十分である反面、大手企業では採算が取れず、参入が困難という側面があります。そのような比較的競合の少ない市場をターゲットにしていますが、あくまで当社は軸足を音楽・楽器市場に置いており、その姿勢が音にこだわるユーザーの支持を受け続けている所以です。
 当社は、固定費率の低いファブレス企業として、商品開発に経営資源を集中させることで、「音」と「音楽」に関連するグローバル・ニッチ市場を継続的に開拓し、ユーザー層の拡大とともに事業の成長を図っています。
 

※EMS企業:電子機器の受託生産を行う企業

 

2.グローバルな開発・生産・販売体制

開発体制
 当社の社員の半数は開発エンジニアで、そのほとんどが何らかの楽器を日常的に演奏しており、エンドユーザーの視点で商品開発を行っています。また、社内のエンジニアはコア技術と位置づけている、DSPプログラミング、ユーザーインターフェース設計、ファームウェア設計、アナログ電子回路設計、ボイシング(音創り)などに専念し、それ以外の設計は外注先の優れたリソースを活用している点が特徴です。

 

生産体制
 当社は自社工場を持たず、中国や東南アジアのEMS企業に生産を委託しています。効率的な生産体制によるコスト削減、部品の小型化に伴う最新の実装技術等は、商品企画とも密接に関連しており、EMS企業との良好な協業関係を重要視しています。ただし品質管理については、一貫性のある自社の基準を優先させるため、 子会社であるZOOM DCによって生産ライン上及び出荷前の厳格な検査体制を敷いています。このように市場のニーズや需要の季節変動に柔軟に対応し、生産関連の固定費を抑え、結果的にコストパフォーマンスの高い高品質な商品をユーザーに提供できるよう、最適な生産体制を構築しています。

 

販売体制
 当社の商品はまず海外の輸入販売代理店へ販売され、そこから地域の小売業者(楽器小売店、業務用機器販売店、家電量販店、オンライン販売業社など)に再販売されます。北米地域ではZOOM North America、南ヨーロッパ地域ではMogar Musicなどの子会社が、一貫性のあるブランディング戦略に則り、地域に応じた柔軟な販売体制を構築しており、その他の地域を含めておよそ50余りの輸入販売代理店が、グローバルな流通を網羅しています。日本においては、日本の本社が輸入販売代理店の役割を果たしており、楽器小売店、卸問屋、家電量販店、ネット販売業社等へ直接販売しています。

 

3.ブランドは国内より海外で浸透

 当社の海外売上高比率は約9割で、国内よりもむしろ海外でブランドが浸透しています。最大の市場は米国で、北米地域を担当するZOOM North America向けの売上が28%に達します。次いで南ヨーロッパ(イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル等を含む地域)が27%、日本と中央ヨーロッパ(ドイツ、ベネルクス3国、オーストリア、ポーランド、チェコ、スロバキア、バルト3国等を含む地域)がそれぞれ9%と続きます。中国の構成比は現在のところ3%ですが、欧米文化の浸透に伴って成長が著しい市場です。また、その他18%に含まれている東南アジア、ラテンアメリカ、中東などでは、未だ旧来型の楽器店中心の販売網が中心ですが、欧米型の家電量販店、オンライン販売業社などの台頭が徐々に始まっており、中流家庭の可処分所得の増大と相まって成長が期待できる市場です。

 

4.多様な商品カテゴリー

当社の事業セグメントは音楽用電子機器のみの単一ですが、商品カテゴリーはアーティストやクリエーターの多様なニーズに応えられるよう多岐にわたります。

 

●ハンディオーディオレコーダー(HAR)
売上高の47%を構成する当社の主力カテゴリーです。そもそもはミュージシャンが演奏を記録するためのレコーダーとして開発しましたが、現在では放送や映画等の業務用として、クリエーターやネット配信のツールとしてなど、開発当初の想定を超えた応用が拡がっています。また「ハンディーレコーダー」は当社の商品名ですが、広く一般名詞として市場に浸透しています。

 

●マルチエフェクター(MFX)
最初の自社製品ZOOM 9002の発売以来、30年以上途切れることなくラインナップの拡大、後継機種へのアップデートを継続してきた、売上高の12%を構成する主力カテゴリーの一つです。エレクトリックギター/ベースやアコースティックギター等と接続し、様々な音色の変化を加えることができます。いわゆるストンプボックスやコンパクトエフェクターが単一の音色変化に限定されるのに対し、マルチエフェクターは1台で複数の音色変化を組み合わせて演出することが出来、また様々な組み合わせを内蔵メモリーに記憶させることができます。

 

●ディジタルミキサー(DMX)/マルチトラックレコーダー(MTR)
ボーカル、ギター、ベース、ピアノ、キーボードやドラムスなどの複数の楽器演奏を別々に録音し、バランスを整えたりアレンジを加えたりして、最後にステレオの作品を完成させるツールです。その技術を応用し、小規模なライブ演奏会場でミキシングとレコーディングを同時に行えるようにしたのがディジタルミキサー(DMX)です。操作性や可搬性、機能のわかりやすさを重視しており、ミキシングエンジニアのみならず、ミュージシャンでも使いこなせるミキサー/レコーダーがコンセプトです。

 

●プロフェッショナルフィールドレコーダー(PFR)
業務用の高性能、高機能、高信頼性のレコーダーです。ポストプロダクション(編集作業)用のタイムコード送受信機能を標準で装備している他、屋外での使用を想定して、業務用の高容量バッテリーパックに対応、耐水性や使用温湿度範囲などにも配慮しています。テレビ番組の中継や制作、映画のロケーションやサウンドデザイナー用の音声記録ツールとして使用される他、ネット配信用の動画コンテンツ制作にも使用され、優れた可搬性とコストパフォーマンスが評価されています。

 

●ハンディビデオレコーダー(HVR)
アクションカメラと同等の画質や機能、ポータビリティーを備えつつ、当社のハンディーレコーダーと同等のハイレゾ録音用マイクや機能をビルトインした、まさにミュージシャンのためのビデオカメラです。ミュージシャンが音楽活動を記録、配信したり、上達のために練習やリハーサルのレビューに使用したり、簡単に「YouTube」や「Vimeo」などの動画投稿サイトにアップロードしたりできます。4K画質化によって、放送や映画のカット割りにも応用されるようになっています。

 

 その他のカテゴリーには、iOSデバイスのライトニングコネクタに直付けしてハンディーレコーダーに変身させるモバイルデバイスアクセサリ(MDA)、音楽制作やDJパフォーマンスに使用するコンピューターの音声入出力を担うオーディオインターフェース(AIF)、エレクトリックダンスミュージック(EDM)のトラック制作やライブ演奏に応用するARQリズムトラック(ARQ)、などが含まれています。